ロッテリアの絶品チーズバーガー|一番美味しいチーズバーガー

ロッテリアの絶品チーズバーガー

絶品チーズバーガー」を知っていだろうか?

すでに、知っている人もいると思うが

ロッテリアが一押しする商品、それが「絶品チーズバーガー」だ。

2007年秋に登場した絶品チーズバーガーは未だに近所のロッテリアではポスターやのぼり旗だらけで、この商品をこれでもかってくらいにアピールしまくっている。

このロッテリアを通りかかるたびに私は威圧感に圧倒される。

 

アピールしまくってるだけでなく、実際この絶品チーズバーガーが売れまくっているらしい。

ロッテリアが開発に力を入れて「おいしいもの」として世に出したこの商品は

見事に大当たりでマクドナルドもビックリの代物だ。

 

 

絶品チーズバーガーのこだわり

このこだわりの絶品チーズバーガーは

ロッテリアの商品総合プロデューサーでもあるシェフから発想された商品である。

パティは通常の2倍の大きさ、そして肉質と食感へのこだわり、

ケチャップやソース等は使わず味付けは塩コショウ。肉本来の味を楽しむことができる。

 

チーズはこれまで高コストであるためにファーストフードでは使われなかったナチュラルチーズの「グリュイエールチーズ」、「レッドチェダーチーズ」の2種類を使用している。

 

バンズも従来のものから見直しをするなどして、

絶品チーズバーガーはハンバーガーの救世主としての仕上がりとなっている。

 

隠し味として日本人の好みに合うように、イーストをほとんど使わずに

日本酒の発酵酵母を使っている所も憎い。

 

一つひとつの素材にこだわりがあり、おいしいものを作ろう

という姿勢の元に生まれたものなのだ。

 

 

絶品チーズバーガーを食べてみた感想

 

というわけで私から絶品チーズバーガーの感想を。

ハンバーガー自体の大きさは実際小さい。

まぁ大きさは関係ない。味が絶品なのだ。

パティはコショウがきいており私好みの味だ。

超荒挽きなので肉感がすごく、ボリュームのある厚さがすごく豪華で美味しい。

チーズは濃厚でコクがある。

 

ただ、これは冷めてしまうとさすがにおいしくないだろう。

回転の速い昼時に行くのがポイントだ。

それと、バーガーをめくると現われてくるのはパティとチーズのみ。

ここを見てしまうと貧素に見えてしまうのが残念だ。

あぁ。こんな感想を書いていると無性に食べたくなってきた。

 

 

絶品の備考

忘れてはいけないのが、やっぱりカロリー。

ファーストフードの宿命と言うべきか気にしなければならない所だ。

この絶品チーズバーガーは453カロリー。

お茶碗ご飯にすると約2杯である。

ちなみに値段は単品で360円。

チーズバーガーが120円であるから値段で見ると3倍である。

おなかを満たすならチーズバーガーを3ヶ食べてしまうのも得策?

 

この絶品シリーズ、他にも

絶品ベーコンチーズバーガー」や「絶品オニオンバーガー」というのもある。

ロッテリアの快進撃はまだ終わらないのではないだろう。