ミスチルのチケット入手法|ミスチルのファンクラブ入会は必須

ミスチルチケットを取るならまずはファンクラブ入会

ミスチルのチケットを取るために、

まずすべき事は、ファンクラブ入会です。

 

 

公式ファンクラブ、Father&Mother

 

ミスチルの公式ファンクラブ、

Father&Motherに登録すれば、

ファンクラブ枠でコンサートチケットを申し込むことができるのです。

 

Father&Motherへの入会は、

以下の手順で完了します。

 

まず、

  • 80円切手…2枚
  • 封筒…2枚

を用意してください。

 

1:以下の宛先を封筒に記入し、80円切手を貼ります。

〒106−8684 東京都麻布郵便局私書箱114号

Father&Mother「Mr.Children Fan Club 入会希望」係

 

2:もう一枚の封筒に自分の住所・氏名を記入し、80円切手を貼ります。

 

3:1で作った封筒の中に、2の封筒を入れ郵送してください。

 

4:折り返し入会案内所が届きます。

 

 

費用は、入会金500円年会費3000円がかかります。

入会すると、以下の特典がもらえます。

 

  • メンバーズカード発行
  • 特製キーホルダー
  • F&Mインフォメーションダイヤルの利用
  • 会報やダイレクトメールの配付
  • チケット先行予約

 

分からない事があったら…

 

更に分からない事があれば、

以下の連絡先に問い合わせて見てください。

 

03−3568−1365 (平日10:00〜18:00)

 

 

ファンクラブ入会でも、チケットを入手できない!?

 

ファンクラブ入会は、

ミスチルのチケットを入手する上で、

最も効果的な方法のように思いますが、

 

ミスチルのチケットは、

あまりにも人気な故に、

 

ファンクラブに入っても、

チケットを1枚も手に入れることができない場合もあります。

 

実際に、私はファンクラブ会員であるにもかかわらず、

2009年のコンサートチケットは、

1枚も手に入れることができませんでした…。

 

ミスチルのチケットをどうしても取りたい人は、

以下のページに対策をまとめてあるので、

是非ともご覧ください。

⇒ミスチルチケット入手方法

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

日本ではラグビーのユニフォームというと横縞が多い。しかし外国のチームはというと、無地の単色がむしろ多いのだ。ではなぜ日本では横縞が主流になったのか?それは、日本でラグビーが普及したのは外国よりも遅かったため、すでに無地の単色のユニフォームは各国の代表チームのユニフォームとして出つくしていた。そこで日本は、日の丸をイメージして、赤と白の横縞の代表チームのユニフォームを作ったのだ。その後、大学や実業団がこれにならって、横縞が定着したといわれている。

 

 

△トップページへ戻る