製本テープで簡単本づくり

製本テープで簡易製本をしよう!

製本テープについて、

便利な情報をまとめたサイトです。

 

自作の本を作った際には、

製本テープが是非欲しいところですが、

製本テープを使った簡易製本の方法をご紹介します。

 

 

製本テープって何?

 

製本テープとは、個人で作った本や契約書の作成等で、

1冊の本形式にまとめたい時に、

本の背中に当たる部分に貼って付けるための、

テープのことです。

 

テープには様々な種類がありますが、

ガムテープやセロファンテープでは、使っていたり、時間が経過するにつれて、

めくれやすくなってしまったり、テープの粘着部分がべたべたしてきたりと、

製本する際には適していない点があるので、

 

簡易製本をする際には、多くの人は

専用の製本テープを利用する傾向があります。

 

製本テープの形式としては、

通常のセロファンテープやガムテープなどのような、

円を描いたロール型のテープや、

製本する本のサイズに合わせた、貼りやすいカットタイプのものがあります。

 

 

製本テープはどこで手に入れる?

 

簡易製本用に各種メーカー品が、

百貨店や東急ハンズなどで、

市販されています。

 

製本テープ(ニチバン製)

BK−25 25mmx10m

定価:約400円

 

これだと、30cm当たり12円です。

 

製本テープを使う際に、注意点があります。

 

品質の悪い製本テープを使うと、

時間が経過してくると…製本テープからセロテープのように、

粘着剤がしみでてきて、

ぺろっと剥がれることがあります。

注意しましょう。

 

製本テープはとても扱いやすいですが、

背に文字が印刷できない欠点があります。

まぁ、初めて簡易製本に挑戦するなら、

製本テープを使うのが無難でしょう。

 

製本テープの幅にはいくつか種類があります。

一般的な簡易製本であれば、製本対象の厚さに合わせて、

25mmタイプと35mmタイプのどちらかを選んでください。

 

 

 

 

ちなみにニチバンの「セロテープ」の愛称で、

初めてセロハンテープを作った会社です。

セロテープ=セロハンテープくらい、浸透していますよね。

ニチバンがセロテープを出したのは1948年なので、

かれこれ70年近くテープを製造し続けていることになります。

私達の生活には表立っては出てこない企業からもしれませんが、

地味にスゴイですね…!

 

メンディングテープもお勧め

 

製本テープの代わりになるもので、

メンディングテープと呼ばれるテープがあります。

 

もしも、家庭にメンディングテープがあれば、

わざわざ製本テープを東急ハンズに買いに行かなくても、

これで代用可能です。

 

メンディングテープで製本をする場合、

オススメなのはスコッチ製のメンディングテープです。

 

製本テープ,簡易製本,自作本,メンディングテープ

 

これなら100円程度で文房具屋でも購入できますし、

粘着剤もにじみにくく、上から文字を書くこともできます。

簡単な製本なら、製本テープではなくメンディングテープをお勧めします。

 

 

 

 

もしも、製本テープを使うほどでも無い簡易的な製本であれば、

コチラで代用してみてはいかがでしょうか?