PDFの書き込み|無料でできるPDFファイル書き込み

 

PDFに書き込みをするには?

PDFに書き込みをする方法ご存知ですか?

もしかしたら多くの人が、

誤った認識を持っているかもしれません。

PDFファイルは…

 

一度変換させたらファイルの改変は不可

 

だと思っている人が多いですが、

実は専用のソフトやツールを使えば、

PDFに書き込みを行う事は可能なのです。

 

このページでは、

とっても便利なPDFに関する知識から、

そのPDFに書き込みをする方法まで、

徹底解説しています。

 

 

PDFって何?

 

PDF(ピーディーエフ)とは…

 

Portable Document Format

(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)

 

の略称です。

 

OSや機種の環境に依存することなく、

さまざまな状況下で同様のファイルを閲覧することができる、

とっても便利なファイル。

 

それがPDFです。

 

Adobe社が開発したこのPDFは、

その使い勝手のよさもあり、瞬く間に世の中に普及しました。

 

PDFを見るためには、PDFのビューワーである、

Adobe Acrobat Reader」が必要ですが、

このツールはAdobeのHPから無料でダンロードできるので、

誰でもPDFを閲覧することが可能な訳です。

 

PDFファイルを表す拡張子は、

 

.pdf

 

です。

 

PDF形式は、高品質なレイアウト機能を持っており、

出来あがったファイルがとても美しく、

見た目にもとてもきれいになっています。

 

 

PDFに書き込みをする方法

 

基本的には、PDFファイルを作成した場合、

そのファイルの改変はできないという前提は間違いではありません。

 

このPDFの改変されにくいという性質も、

作成したファイルの著作権を守るという意味でも、

PDFファイルの重要な役割の一つになっているのです。

 

しかしながら、

全てを改変したり編集したりすることはできませんが、

既に出来上がったPDFファイルに対して、

新たな情報を書き込むという作業は、

PDFを作成した後でも、

専用のソフトなどを使えば行う事が可能です。

 

このPDFの書き込みができるツールやソフトには、

有料のモノ無料のモノもあります。

 

当然ながら、

有料のモノの方が様々な機能が付いていますが、

例えば円や図形を挿入したいだけなのであれば、

敢えて有料のモノを買わなくとも、

無料のツールやソフトで、

PDFファイルに満足のいく書き込みが可能だと思われます。

 

PDFファイルへの書き込みを検討するなら、

まずは自分がどの程度までの書き込みをしたいのか?

を考えてから行動しましょう。

 

 

オススメのPDF関係ソフト

 

PDFに書き込みが可能なツールやソフト、

無料と有料のモノの分けて、簡単に紹介しておきます。

 

ここで書かれているモノが全てではありませんが、

以下で紹介しているのはとても代表的なものなのですから、

参考にしていただければ幸いです。

 

 

PDFファイルの書き込みを無料でするなら?

 

フリーでもPDFの書き込みができるソフトは、

この PDF-Xchange Viewer です。

機能としては…

 

  • 「線」や「簡単な図形」や「テキスト」の挿入
  • PDF上へ貼る「付箋紙」機能
  • スタンプツール

 

などがあります。

海外のソフトですが、変換したソフトを本家の

Adobe Acrobat Reader で見ても、

問題なく表示されました。

 

英語のフォーマットに抵抗が無く、

使いこなせるのであればこれを使ってみてはいかがでしょうか?

 

但し、フリーで使う場合は非商用で使わなければならないという、

制約がありますので注意してください。

 

PDF-Xchange Viewer

 

 

PDFファイルの書き込みができる有料ソフト

 

Adobe Acrobat シリーズ

 

本家であるAdobe社が出している、

PDFの編集が可能なソフトです。

 

正直なところ、

やはりこれが断トツで使い勝手が良いです。

 

スタンダードやプロなどのシリーズがあり、

シリーズによって製品の性能が異なっているので、

自分の用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

但し、この本家である Adobe Acrobat のお値段は、

かなり高いです。スタンダードで購入しても、

最新版であるなら定価3万円以上はかかる商品です。

 

大変お勧めですが、そこまで費用をかけられない…

のであれば、他社が出している、

安価なPDF編集ソフトを買う事をお勧めします。

 

また、オークションサイトを調べてみたら、

最新版ではなく、以前までのちょっと古いバージョンの

Adobe Acrobat が、安く出品されている可能性もあるので、

それを購入してみると言うのも、手かと思います。

 

(追記です。)現在のAdobeはクラウドサービス型の月額課金モデルとなりました。

Adobe Acrobat にはそれだけ使える専用プランが用意されており、

月1,500円程度の金額を支払えば、Adobe Acrobat を使うことができます。

 

最初にドーン!とお金がかかった昔と比べると、だいぶ手はだしやすくなりましたね。

ただ、毎月お金が引き落とされるという点に抵抗がある人もいるかもしれません。

1年使えばおよそ2万円、2年使えば4万円、3年使えば6万円…と、

使い続ければ続けるほど、費用がかさんでいきます。

 

Adobe Document Cloud (Adobe Acrobat)

 

 

いきなりPDF シリーズ

 

PDF編集ソフトとして、

本家以外で、比較的知名度が高いのは、

このソースネクスト社が出している、

いきなりPDFシリーズです。

 

大体3000円位で手に入りますから、

簡単な編集作業であるなら、

こちらを購入する方がいいかもしれません。

 

ただ、性能で言うと本家よりはちょっと落ちます。

 

PDFの書き込みではなく、

PDFを作成する際の問題なのですが、

 

特に気になった点としては、

ワードからPDFファイルへ返還した時に、

ハイパーリンクをリンクに変換してくれないのが、

大変不便です。

 

有料なら、この機能は欲しい感じですね。

 

(追記です)と思ったら、バージョンアップでハイパーリンクの変換にも対応できるようになってました。

 

さすが11年連続販売本数シェアNo.1のPDF変換ソフトだけあって、

バージョンアップで機能が追加されて、年々使い勝手が改善されているようですね。

 

いきなりPDFには現バージョンには4種類のラインナップがあります。

  • to Data
  • BASIC
  • STANDARD
  • COMPLETE

 

「to Data」は変換機能のみ「BASIC」は作成機能のみなので、

用途が限定されていないのであれば変換も作成もできる「STANDARD」が良いでしょう。

PDFを直接編集したい場合はCOMPLETEを選んで下さい。

 

 

 

最近では本家のAdobeは月額課金モデルになったので、

買い切りが良い方にはちょっと手が出しづらくなりました。

ハイパーリンク変換もサポートされた今、高度なPDF編集まで求めないのであれば、

いきなりPDFが最良の選択になるでしょう。