温シップ

温シップは関節痛によく効くのか?

温シップは普通のシップとは違い、

体にはるとじわじわ〜と暖かくなってきますよね?

 

温シップはあのあったかくなる感じが、

いかにも効いているという風に感じるのですが、

実際には冷シップと効果にどれだけの違いがあるのでしょうか?

 

温シップの効果と、

冷シップとの違いを、徹底検証したいと思います。

 

 

温シップはいつ使うの?

 

温シップと冷シップの使い分けをできていない人は、結構多いですね。

 

シップを使うなら、

この使い分けだけは必ず押さえておきたいところです。

ちょっと考えれば、使い分け方は簡単です。

 

 

冷シップ

 

冷シップは、ねんざや打撲直後などの、

患部が熱を帯びている時に使うものです。

 

熱を取って、患部の細胞が壊されないようにして、

傷みを和らげるようにする一種の対処療法ですね。

 

つまり、突発的な熱を帯びるような怪我には、冷シップ。

 

 

温シップ

 

一方、温シップは腰痛や膝痛などの、

慢性的な痛みを和らげるための使います。

間接が痛む時なんかも、温シップが有効です。

 

打撲なんかでも、

最初は冷シップで対処しますが、

腫れが引いてきたら温シップにした方が、

血液が循環して早く治ります。

 

慢性的な痛みや、腫れの引いた痛みには、温シップ。

 

 

以上が、温シップと冷シップの使い分けになります。

 

ちなみに、関節が痛いときに冷たいシップを貼ったりすると、

逆に患部が悪化して関節が曲げられなくなったりするので、

かなり要注意です。

 

使い方を間違えないように、注意してくださいね。

 

 

温シップの秘密はカプサイシン

 

温シップを貼ると、体がじわじわーと暖かくなってきます。

なぜ、身体が暖かくなるのかというと、

それは温シップに唐辛子でおなじみの、

カプサイシンという成分が入っているからです。

 

このカプサイシンの効果により、

体が暖かくなっていると感じる訳です。

 

しかしながら、

この温シップが体を温めるという作用について、

とんでもない事実が温シップのメーカーから発表されました。

 

それは、温シップに含まれているカプサイシン自体には、

皮膚の温度を高める効果は無い、というものです。

 

つまり、温度が上がっているな〜

 

と感じているだけで、実際には全く上がっていないということです。

温シップを貼っていると、どう考えても温かい感じがするので、

この事実は驚かれることかと思います。

 

ただ、カプサイシンに血行を良くする効果はあるので、

それを経て間接的に温度を上昇させる作用はあるようです。

しかしながら、貼っただけで急に血行が良くなるとは考えにくいので、

温シップを張った時に、ポカポカと感じるのは、

 

カプサイシンによって貼った部分に一種の炎症作用が起きていて、

炎症症状としてかゆみに似た感覚が生じ、

その感覚を、温覚と錯覚しているだけではないか?

 

と考える方が筋が通るようですね。

 

まぁ血行を良くする効果は間違いなくあるので、

温シップ自体の効能を否定している訳ではありませんが、

直接的な温度上昇効果は無いという事実は、揺るがないようです。

 

最後に、日本で最も売れている温湿布の1つである「ハリックス」を紹介して、

お開きとさせて頂きます。

 

 

 

関連サイト