原口式記憶術|記憶力がアップする原口式記憶術とは?

原口式記憶術の鍵を握るのは、脳の使い方

日本一売れている原口式記憶術は、

何が他の記憶法と違うのか?というと…

「脳の使い方」がまるっきる違います。

 

 

画期的な脳の使い方が原口式の鍵

 

どんなに良い勉強法があっても、

それを他人から学んだとしても、

それを理解するのは皆さん自身の「脳」です。

 

結局、一番大切な部分はこのなのです。

 

いくら素晴らしい勉強法を見つけたとしても 、

正しい脳の使い方をしなければ、

良い結果を出すことはできません。

 

原口式記憶術の提唱者である原口證さんは、

通常の人の11倍以上のスピードで記憶することができる、

記憶術のスキルを持ったカリスマ的存在です。

 

常人が1問説いている間に、

30倍以上の問題集を解いてしまい、

圧倒的な知識を得ることができる能力を備えています。

 

原口式記憶術は、

センスや才能は一切関係なく

あるシンプルなトレーニングを1日5分続けるだけで、

誰でも習得できるという大きな特徴を持っています。

 

天才は努力から生まれる・・

 

原口證さんがすさまじい努力をして得た記憶術を、

誰にでもできりようなシステムとして落とし込んだのが

この原口式記憶術なのです。

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

犬は、朝夕の散歩の間の6〜7時間とかザラにオシッコをしなかったりする。本来、犬は寝る場所を汚すことを好まない。これは、犬が野生の動物で自然界のハンターだったときに、眠ったり、子犬を育てるのに安全な場所を必要としていたためだ。もしも、犬が自分の巣穴でオシッコやウンチをしていたら、他のハンターたちに嗅ぎとられてしまうからだ。さらに、犬は人間ほど脳が発達していないため、尿意や便意を知覚するスピードが遅いのだ。

 

 

△トップページへ戻る