南アフリカランド、株|南アフリカ経済の歴史

南アフリカ株を後押しする南アフリカ経済

南アフリカ経済の活性化が、

南アフリカ株ランドの人気につながっているのは、

言うまでもありません。

 

アパルトヘイトの廃止が契機

 

歴史的な快挙として挙げられる、アパルトヘイトの廃止

 

これは、経済成長を大きく助けました。

これにより、黒人の雇用機会が拡大し、

毎年10万人もと言われる中産階級が生まれてきています。

 

こんな状勢があり、

南アフリカ株の購入者が劇的に増えています。

 

 

国内消費の拡大も後押し

 

もちろん、国内消費の拡大による景気の拡大も、

南アフリカ株の飛躍を支える一因となっていますね。

 

南アフリカは、金、クロムなどの鉱物資源が豊富で、

埋蔵量が少なくて希少価値が高い上、

最近は工業需要が増えており、

価格が高騰、そしてこれにより所得が倍増しています。

 

こういったことも、

南アフリカ株の高騰を支えているのでしょう。

 

 

EUとの貿易協定

 

更に、南アフリカEUとFTA(自由貿易協定)を結んいるので、

EU企業からの設備投資も進んでおり、

ますます南アフリカ株を押し上げています。

 

実際に、南アフリカ株は1年で34%、

5年で147.5%(つまりは南アフリカ株は5年で2.5倍)

という伸び方をしめしています。

 

この異常事態の伸び率を見ると、

南アフリカに投資せずにはいられなくなるでしょう。

 

実績から言っても、

南アフリカ株の有望性がわかると思います。

 

しかも、まだまだ世界のお金は、

南アフリカ株にあまり入ってきていません。

 

金余りといわれる世界のお金が、

南アフリカ株に投入された時、

その南アフリカ株の伸び方はものすごいものとなると思われます。

 

 

とは言うものの、暴落の可能性も…

 

まぁこれは、

あくまでも理想的に物事が進んだときの話であり、

先の話を100%予測することは不可能な訳ですが、

投資先の1つとして、検討することは有意義ではないでしょうか?

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

空き巣は夜間に忍び込むというイメージがあるが、実際に多いのは警察庁のデータによると、午前8時から午前10時の時間帯だ。この時間帯が多いのは、勤め人や学生は出かけた直後で、空き巣は留守を確認しやすい。それにこの時間帯は一般の主婦も家族を送り出したり、台所仕事や洗濯に忙しい。空き巣は主婦が忙しくしている間に、二階の窓から侵入したり、近所の人と立ち話などしているちょっとしたスキに、玄関から入って短時間で仕事を済ますのだ。皆さんもご用心を!

 

 

△トップページへ戻る