南アフリカランド、株|南アフリカランドと南アフリカ株価の関係性

南アフリカランドと株価の関係性

ちょっと前までは、

南アフリカランドは金の価格と一緒に動いている?

なんてことが叫ばれていました。

 

しかしながら、

最近ではちょっと事情が変わってきています。

 

金価格と南アフリカランドが逆に動いている?

 

ここ最近で金の上昇が目立ち始めたのは、

米国のサブプライムローン問題が発生した2007年の8月ごろからです。

 

世の中に不安が広がると、

金にお金が集まるという典型的な例ですね。

 

一方、金融市場が不安定になってくると、

リスクが高すぎるということで、

金利差を狙った取引などが敬遠されます。

 

そうなると高金利通貨が、売られてしまう。

南アフリカランドもその1つというわけですね。

 

金の価格が上がったからと言って、

南アフリカランドの価格が上がる訳ではないのです。

 

さて、南アフリカランドが注目を集めるようになった理由の1つに、

高利回りの南アフリカランド建て利付債券を、

世界銀行グループに属している、

国際金融公社が発行したことがあげられます。

 

株価との密接な関係

 

南アフリカランドの通貨リスクを回避する目的で、

ヘッジ売りが各レベルで為替市場に出ていたのです。

 

しかし、南アフリカランドを買い建てることで、

スワップ(付帯金利)を受けることでき るので、

南アフリカランドの買いニーズも高まったというわけ。

 

南アフリカといえば、

どうしても金とプラチナの産出国であるため、

金価格に南アフリカランドが連動すると思われていましたが、

 

その動きは南アフリカの株価に連動して、

それほど金との関係が強くないようです。

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

日本のお金の単位は「円」だが、そう決まったのは明治4年(1871)のこと。決めたのは早稲田大学初代総長の大隈重信で、当時は明治維新政府の財務担当参議を務めていた。紙幣にある「YEN]という表記は翌年からはじまった。「円」はローマ字で書くと本来は「EN]だがそのままだと外国人は「イン」と読んでしまう。そこで「エン」と読めるように「Y]を頭に付けて「YEN]としたのだ。

 

 

△トップページへ戻る