南アフリカランド、株|南アフリカランド、株を国内で購入するには?

南アフリカランドの株を国内で購入する方法は可能?

南アフリカ株を扱っている証券会社は国内にあるのでしょうか?

という質問をよく耳にします。

 

 

南アフリカ株は、国内で買えるのか?

 

国内で買えないこともないのですが、

残念ながら、こういう発展途上の国の株式市場は、

大々的には外国からの直接投資を開放していません。

 

どうしても買いたければ、

南アフリカに出向けば買える!

かもしれませんが実際的ではないです。

 

実際に可能な有効な投資方法としては、

アメリカ市場に上場されている、

ADRを買うことが考えられます。

 

ADRはミニ株に似たシステムで、

買っても議決権がありませんが、

それ以外は株を買うのと同じです。

 

ですので、本気で取り組みたい人は、

これがお勧めでしょう。

 

日本の証券会社だけでということになると、

米国株を扱っている「楽天証券」で4銘柄だけですが、

南アフリカ株のADRの取引を受け付けているようです。

 

 

本気で取り組むなら、アメリカに口座を開設

 

もっと多くの銘柄を選びたいなら、

アメリカの証券会社に口座を開いて下さい。

本気で投資を考えているなら、

やはりアメリカに口座は持っておきたいところですね。

 

日本の証券会社では、

おそらく扱いがないと思いますが、

南アフリカ株のETFもアメリカ市場には上場されています。

 

南アフリカランド株で稼ぎたいのなら、

このくらいのことは、

しなければいけませんね。

 

但し途上国の株式に共通することですが、

情報を充分に得るのは難しいですし、

政治的な不安定の問題もありますし、

乱高下しやすのでリスクもかなりあります。

 

これを忘れないようにしましょう。

 

ETFのチャートを見ると、

過去3年半の間に3倍ぐらいになっているようですが、

今から投資しても高いリターンが得られるかどうかは、

残念ながら、誰にも分かりません。

 

途上国の株式市場に投資するのが、

最近のブームのようですが、

ブームが一般化する頃にはブームの終焉も近い…

というのが世の習いです。

 

ちょっと悲しいですけどね。

しかしながら、もちろん今からでもガッポリ稼げる可能性は、

十分に秘めていることもまた事実。

 

本気で取り組めば、

かなりのハイリターンを期待できるのは、

間違いないでしょう。

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

氷山と流氷の違いは、その形態と発生だ。形態の違いはというと、氷山の海上に出ている部分は、全体の8分の1から10分の1だといい、そのほとんどは、水中に沈んでいる。流氷は、水中に沈んでいる部分は少なくまさに海上に浮いて流れているのだ。決定的な違いはその発生にある。氷山は、陸地にある氷河が自然に押し出されて海に流れ出たもので、氷河の原料は雪だから溶ければ真水になる。流氷はというと、自然の海水が凍ったもので溶けると塩水に戻るのだ。

 

 

△トップページへ戻る