アドセンスはきくち塾|稼げるきくち塾の特徴

きくち塾の特徴と2つの戦略

圧倒的な成果を出し続けるきくち塾。

その特徴について語ります。

 

きくち塾のマニュアル

 

きくち塾のマニュアルは、

以下の構成です。

 

  • 第1章 きくち塾の方針(8ページ)
  • 第2章 手法の概要(7ページ)
  • 第3章 作業の詳細な手順その1(10ページ)
  • 第3章 作業の詳細な手順その2(29ページ)
  • 第3章 作業の詳細な手順その3(11ページ)
  • 第4章 上級編(24ページ)

 

きくち塾は、ブログではなくHTMLでサイトを作成していきます。

これは、ヤフーの検索エンジンのアルゴリズムに対応するためです。

 

ブログは検索エンジンから嫌われる傾向にありますので、

HTMLでサイトを作成した方が、将来的に有利です。

 

きくち塾では、

1ページだけのサイトを量産していくことで収入を増やしていきます。

 

1ページのサイトを量産し、

スピードと数で勝負するというのが、

きくち塾の方針になっています。

 

とにかくサクサク作れるので、

あっという間に初報酬が手に入ります

1週間も経たない内に、

きくち塾の塾生さんの多くは初報酬をゲットします。

 

ただし、1ページだけのサイトにはデメリットがあります。

1ページだけのサイトは、

ページ数の多いサイトと比べると検索エンジンからの評価も低くく、

上位表示が難しくなります。

 

なので、きくち塾では2つの戦略を立てています。

 

 

きくち塾の戦略

 

● 戦略1・・・ニッチなキーワードで攻める

 

● 戦略2・・・インデックス用ブログの作成

 

この2つによりアクセスを集めます。

 

この他にもキーワード選定方法、

記事の書き方、SEO対策の仕方等、

サイト作成時に気をつけるノウハウが紹介されています。

 

ゼロからアドセンスで稼ぐなら、

この手法が間違えなく最も早いです。

 

きくち塾に入塾してみると分かりますが、

ある程度コツを掴み始めると、

あとは作業をしているだけで、

どんどん収益が雪だるま式に増えていくのです。

 

⇒きくち塾の詳細はこちら

 

 

気になるサイト

2014/02/01 更新

 

 

2月1日の話題

もしかして夏の方がいいのかな。(駄)

 

 

お役立ちコラム(毎日更新)

日本のお金の単位は「円」だが、そう決まったのは明治4年(1871)のこと。決めたのは早稲田大学初代総長の大隈重信で、当時は明治維新政府の財務担当参議を務めていた。紙幣にある「YEN]という表記は翌年からはじまった。「円」はローマ字で書くと本来は「EN]だがそのままだと外国人は「イン」と読んでしまう。そこで「エン」と読めるように「Y]を頭に付けて「YEN]としたのだ。

 

 

△トップページへ戻る