風邪を治す食事|食事療法で風邪を治す

風邪を治す食事とは?

風邪の時の食事は何が良いのでしょうか?

あなたは風邪をひいた時、どんな食事を取っていますか?

 

実は、風邪の時の食事は、

風邪を治す上でとても重要な役割を果たすのです。

ちゃんとした適切な栄養素を摂取すれば、

風邪は簡単に治ります。

 

いつの時も健康に生活したいものですが、

それでもどうしても避けては通れない…

 

季節の変わり目が訪れると、

きまって私たちの生活に蔓延するのが、

風邪ですよね。

 

風邪時の食事についての知識をしっかりと付けて、

ひいた風邪はさっさと直してしまいましょう!

 

 

食欲が落ちた時は?

 

風邪をひくと、体の内部にダメージが行き、

なんだかだるくなって食欲がなくなることってありますよね?

こんな時は食事をするのが億劫になるものですが、

食べなければますます体が弱っていくので、

風邪が治りにくくなってしまいます。

 

少しでも多くの食事を食べる工夫としては…

 

  • 温かい食事を中心に食べる
  • 流動食を中心に食べる

 

冷たいものを食べると、胃腸に負荷がかかりやすいので、

温かいものを中心に食べるように工夫しましょう。

 

また、同様の理由から、消化する際にあまり負荷がかからない、

流動食を中心に食事を取ると、風邪をひいていて食欲が無くても、

比較的食べやすいです。

 

 

風邪時の食事での重要な3ポイント

 

風邪をひいた際に食べる食事には、

以下の3ポイントは、

絶対に押さえておきたいところです。

 

 

消化の良いものを食べる

 

胃腸の負担は極力減らした方がいいので、

とにかく消化に良いモノを食べましょう。

具体的なメニューとしては、

素うどん」あたりがお勧めですね。

食事を食べて、すべて消化しきれずに風が悪化したのでは、

本末転倒です。

 

 

なんといってもビタミンC

 

風邪にはビタミンCとよく言われますが、

このビタミンCは風邪をひいた際には、

意識して食事に取り入れたい栄養素の1つです。

 

なぜ、ビタミンCが風邪に良いのか?

と言うと、ビタミンCには白血球を助け、

免疫力をアップさせる効果があるからです。

 

風邪の時は、

いつもより多くビタミンCを取るように心がけましょう。

 

但し、ビタミンCは一度に多く取り過ぎても、

排尿とともに流れてしまいますので、

取り過ぎにはご注意ください。

 

 

水分の補給を十分に

 

風邪をひいた時は、

いつもより多くの水分をとるようにしましょう。

 

食事と一緒に一気に水分を取り過ぎると、

体内の消化液が薄まってあまりよろしくないので、

水分摂取はこまめに行ってください。

 

風邪をひいて、発熱を伴った場合は、

体が汗をかくことで熱を下げようとするので、

どうしても体の水分が足りなくなりがちです。

水分の補給は常に心がけて下さい。

 

 

風邪に良く効く食事簡単レシピ

 

以下では、

風邪に良く効くと言われている具体的な食材をご紹介します。

これがすべてではありませんが、

代表的なものですので、

ご家庭でも意識してレシピに取り入れて見てください。

 

 

しょうが ⇒ しょうが湯

 

しょうが

 

すりおろしたショウガに熱ーい湯を注ぎ、

そこにハチミツを加えてよくかき混ぜます。

体があったまる効果があります。

 

 

 

りんご ⇒ りんごジュース

 

りんご

 

すりおろしたリンゴを、

ガーゼで絞ってジュースにします。

ビタミンが補給できるとともに、

水分の補給にもなります。

 

 

 

 

関連ページ