クリーンベンチの無菌操作|無菌状態を作る装置

クリーンベンチで無菌操作を実現

クリーンベンチって言葉、聞いたことありますか?

あなたが理系の人間だったら、耳にした事があるかもしれませんね。

クリーンベンチとは、生物関係の研究に用いられる、

無菌操作をするための装置のことです。

無菌操作とは、ホコリなどに紛れた、

周囲からの微生物の混入を避ける事を意味します。

 

日本の有名な大手企業では、日立のクリーンベンチや、

サンヨー、ナショナルのクリーンベンチあたりが有名ですね。

マイナーどころでは、

オリエンタルやダルトン、ユヤマのクリーンベンチも、

そこそこ知名度があります。

 

正式な日本語名称は、無菌実験台と言いますが、

通称でも商品名でも、クリーンベンチという名前の方が、

通用しているのが現実です。

 

クリーンベンチの使い方に関する注意点としては、

クリーンベンチを使用したからと言って、

完全に無菌操作が保証される訳ではない、ということです。

 

例えば、外から持ち込んだ器具滅菌されていても、

外気に触れた時点で、無菌状態ではなくなります。

また、人体や衣服を完全に無菌化するのは、現実問題で難しいです。

 

 

安全キャビネットとクリーンベンチの違いとは?

 

クリーンベンチと似た装置に、

安全キャビネットというものがあります。

この、安全キャビネットとクリーンベンチとの違いは、

一体何でしょうか?

 

基本的な考え方として、

 

クリーンベンチ = 外から内側へののバイ菌を防ぐ
安全キャビネット = 内にある有害物の外側への漏洩を防ぐ

 

と思っていただければ、分かりやすいと思います。

クリーンベンチと安全キャビネットについて考えるなら、

気圧の違いに着目すると、とても分かりやすいです。

 

クリーンベンチは、内側の気圧が外側よりも若干高くなっているので、

外側の空気を内側に吸ってしまう事がありません。

逆に、内側の空気が外側に出て行くような気圧設定になっています。

 

これを、安全キャビネットで行ったら、

中の有害物質が外側に漏れてしまうので、

大変なことになりますよね?

 

ですから、安全キャビネットの場合は、

内側の気圧が外側よりも低くなっています。

これにより、外側から空気が入ってくるはあっても、

中の空気が外に出ることはなくなるので、

有害物質が外に漏れずに安全というわけです。

 

 

クリーンベンチのお値段

 

クリーンベンチの値段はピンキリですが、

精密機械ですので、一般の人から言わせてみれば、

高価と感じる値段設定になっているでしょう。

 

クリーンベンチをレンタルしたり、

中古で買ったりすることも可能ですから、

クリーンベンチを購入したくても予算が足りない場合は、

そういった別途手段を検討してみることも、大切でしょうね。

 

 

その他、関連サイト